2016年12月6日火曜日

【作品紹介】 番外編:初音ミク?!

【Best Artists Exhibition 11】の新作は、前回までの記事で全て紹介しましたが、
もう1つ、特別企画で出展したものがあります。

それはなんと…、「初音ミク」!



ギャラリーの一角を「初音ミク」コーナーとしまして、
参加作家さんそれぞれが描く初音ミクを展示しました!
何かみんなで参加する面白い企画ができないかと、提案されたものでした。

いやもう、作家さん皆様のが凄すぎて…!!
この絵柄でどうやって初音ミクを描くのだろう?と、まるで想像もつかなかったのが、
まさにその作家さんの作品になっていまして…!
十何通りの初音ミクは1枚1枚が超個性的で、ここに載せられないのが残念なくらいです…!
何度も見直してしまう、楽しいコーナーでした。

私のは一番普通だったかな!
しかも、あまりにも時間が無い中で、ギリギリ間に合わせたものでしたから、
新たに描き直して、会期中にこっそり差し替えたのでした…(笑)。

ちなみにこちらは、サインペンで主線を描いて、
スキャンして、Photoshopで着色し、印刷したものを額装しています。

今回の展示では、色々な描き方の作品を出展しました。
薄く塗ったり、濃く塗ったり、
ペンを使ったり、デジタルソフトで色付けしたり、
キャラクター系じゃない作品だったり。

アピールすることに主体を置くなら、統一感がある方がよいと思いつつ、
ペンで描くことも好きだし、Photoshopも長く使っていますから、
自分が楽しんで描くこと、好きなように好きなものを描くことに、
今回は重点を置きました。

それぞれにコメントやご感想をいただけたのは、
とても嬉しい手応えでした。

お越しいただきました皆様、改めまして、大変ありがとうございました!

展示風景です。右から2番目は旧作です。

2016年12月2日金曜日

【作品紹介】 『遥か彼方からの手紙』



===
■タイトル: 『遥か彼方からの手紙』
■作品サイズ: 19.7×28.8cm (額の窓部分)
■画材: アクリルガッシュ、色鉛筆
■紙: ストラスモア<インペリアル>水彩紙
===

【Best Artists Exhibition 11】に出展した作品です。
これで新作紹介は4つ目で、最後です。

メルヘンっぽい絵ではありますが、
モチーフは、流星観測をする科学者さんです。

流れ星や隕石って、太陽系内の様々な情報を持っていて、
それらを観測、分析することによって、
彗星や小惑星の組成だったり、太陽系誕生時の情報だったりと、
様々なことを知ることができます。

現在、国際宇宙ステーション(ISS)では、
千葉工業大学 惑星探査研究センター様の流星観測プロジェクトが進行中で、
公式Twitterでも、ISSから撮影されたばかりの流星の映像が配信されています。

展示作品は、地球の外から飛んできた様々な情報を手紙に例えて、
人が通常住んでいる場所よりも高いところ(ISS)で、
流れ星からの手紙を受け取る研究者さん、というイメージで描きました。

澄んだ空が綺麗な季節。
流れ星を待つのもよし、条件が揃えば見えるというISSを探すもよし、
たまにはゆっくりと夜空に宇宙を感じてみたいものです。

2016年12月1日木曜日

【作品紹介】 『万年筆座・インク壜座』



===
■タイトル: 『万年筆座・インク壜座』
■作品サイズ: 19.7×28.8cm (額の窓部分)
■画材: アクリルガッシュ、色鉛筆、顔料黒インク
■紙: ウォーターフォード水彩紙
===

【Best Artists Exhibition 11】に出展しました、新作紹介の続きです。

先日の『O・E・KA・KI!』もそうですけれど、ペンで描くことが大好きです。
サインペンで、気楽に思うがままに描くのは楽しいですし、
ちまちまと細い線を積み重ねるのも、時間を忘れて没頭してしまいます。

展示会では、キャラクターを描くイメージが随分と固まってきたように感じて、
それはそれでよいことなのですが、
「ただ好きで、普通に描いた」絵も、出してみたくなりました。
会場では、この作品に、予想以上に、
反響やご感想をいただくことができまして、嬉しい限りでした。
コメントをお寄せくださった皆様、どうもありがとうございました。

古い星図って、飾りたいくらい好きです。
くじら座の絵が一番お気に入りで、はくちょう座が次点かな。
小さい頃に通ったプラネタリウムで、大きく投影されたのを見て、
異世界を覗いているみたいで、ワクワクしたものでした。
大きい星図のポスターを探し出して、通販しようとしたこともあります。
飾る場所を作り出せなくて、断念しましたが…。

さて、万年筆座とインク壜座は、架空の星座です。
実在しませんから、ご注意を!(笑)
好きなものを好きな星図にしようと考えて、この2つになりました。

星の位置だけは、実際の空をかなり模倣しています。
まず、ペガスス座の四辺形とうお座の魚の片方が、
ちょうど四角いインク壜と蓋の形に見えまして、
その横に、万年筆を配置しました。
ペンポイントとハート穴が、ちょうこくしつ座のβ星とγ星にあたります。
実は偶然にも、『O・E・KA・KI!』の夜空のエリアと同じで、
上下を逆さまにしたのが、この絵になります。

今の時期、19時頃でしたら、天高くにペガスス座が見えますから、
よかったら、逆さまになっているインク壜を探してみてください。
相当大きいですよ!

2016年11月30日水曜日

【委託販売】 展示作品とポストカードを納品しました

作品を展示販売させていただいています三光堂様に、
額装絵画とポストカードを納品いたしました。

10月の展示会に出展した新作2点と…、

『万年筆座・インク壜座』

『O・E・KA・KI!』

クリスマスの暖炉の作品です。
今回は、「ロッサ」という人気の額縁の、ゴールドに入れました。

『ぬくもり』


ポストカードは、クリスマスの絵柄を2種類、追加しました。


新作4種類も出来上がり、納品しています。



最後の、万年筆の白いポストカードは、4月からある絵柄ですが、
お蔭さまで人気があるようで、随分長いこと欠品しておりました。
補充いたしましたので、またお手に取っていただけますと嬉しいです。
全て、三光堂様にて、お買い求めいただけます。

HPのSHOPページも更新しております。
ポストカードの絵柄一覧と、万年筆での筆記見本などを載せています。
よかったらご参照ください。


【万年筆の三光堂】
http://www.sankodo-web.co.jp/
名古屋市東区矢田5-1-17

2016年11月29日火曜日

【作品紹介】 『O・E・KA・KI!』



===
■タイトル: 『O・E・KA・KI!』
■作品サイズ: 19.7×28.8cm (額の窓部分)
■画材: アクリルガッシュ、色鉛筆、水性顔料ペン
■紙: ウォーターフォード水彩紙
===

【Best Artists Exhibition 11】の展示作品です。
新作を4点描きまして、こちらが2つ目です。
普段、ペンや万年筆で気軽に描く絵が好きで、
一度ちゃんと額装作品にしてみようと思って描きました。

線画に使ったのは、水性顔料ペンなんですが、
このペンは乾くと耐水性がありまして、
しかも顔料なので、褪色にもとても強いです。
念のため、濡らして擦ってみたり、半年間日光にさらしてみましたが、
ずっと仕舞ってあったものと比べて、違いがあるようには全く見えませんでした。
額縁に入れて飾っても、色褪せる心配は無さそうです。

描いたのは、ちょうど展示のあった季節、秋の星座です。
ペガスス座の下がみずがめ座で、
水瓶から流れた水が、みなみのうお座の1等星フォーマルハウトに注がれています。
みなみのうお座は、でっかい口…メガサイズの口…メガマウスだ!
という訳で、勝手にメガマウスにしちゃいました(笑)。

ちなみに、お月様のあるところはやぎ座で、
にんじん座は、本物の夜空にはありません(笑)。

こんな感じの、好き勝手に遊んで描く絵は、
描いていてとても楽しいです!

2016年11月28日月曜日

【作品紹介】 『深海からのお便り』



===
■タイトル: 『深海からのお便り』
■作品サイズ: 20.4×29.0cm (額の窓部分)
■画材: アクリルガッシュ、色鉛筆
■紙: ストラスモア<インペリアル>水彩紙
===

【Best Artists Exhibition 11】の展示作品で、新作です。

パイロットから、万年筆用の「深海」という名前のインキが出ていまして、
深海生物も好きなので、そこからイメージを膨らませた作品です。

描いたのは、メガマウスにダイオウグソクムシ、ダイオウイカと、
郵便やさんに扮しているのはメンダコちゃん。

メガマウスは本当に好きで、
元気に泳いでいる姿を世界で初めて撮影したNHKスペシャルは、
何度繰り返して見た事か!
あの番組で、新たにカグラザメも好きになりました。
また今度描こう♪

万年筆を描くのは、毎回気を遣います。
既存のものと全く同じにならないように、
一応白紙の状態からデザインを考えました。
色も、海や水のイメージと、全体のバランスから決めています。

描いてみると、大体何かしら似たような万年筆が既にあるのですが(笑)、
よく「モデルはありますか?」と聞かれますので、
特にありません、が答えになります。

2016年11月23日水曜日

【お仕事】 三光堂様 オリジナルスタンプのデザイン その2

お仕事の報告です。
三光堂様のオリジナル商品の『万年筆スタンプ』に、新作が6種類追加されました。
この度も、印面のデザインを制作させていただきました。



最初のスタンプが、お蔭さまで好評とのことで、
種類を増やす運びとなりました。
お買い上げいただきました皆様、大変ありがとうございます。

今回増えたのは、人気のネコちゃんと、
来年の酉年にちなんで、年賀状にも使える絵柄です。
セキセイインコとハシビロコウは、広い意味で”トリ"年ということで!
ハシビロコウは、写真集を持っているくらい、個人的にも好きな動物です!


スタンプは、三光堂様の店頭と、オンラインショップでもお買い求めいただけます。

万年筆の三光堂 オンラインショップ
http://sankodo.shop-pro.jp/

現在、全部で21種類。
手書きのお手紙や手帳、年賀状などに、
是非、万年筆と一緒に使っていただけると嬉しいです!


【万年筆の三光堂】
http://www.sankodo-web.co.jp/
名古屋市東区矢田5-1-17

2016年10月7日金曜日

グループ展のお知らせ 【Best Artists Exhibition 11】



↑クリックで地図を拡大↑

グループ展参加のお知らせです。

東京銀座のミレージャギャラリーさんの、
【Best Artists Exhibition 11】です。

今年で連続3年目!
アーティストの皆さま、ギャラリーのオーナーさん、
どうぞよろしくお願いいたします。

DMは発送準備中です。
ご希望の方は、メールやTwitterなどからご連絡いただけましたら、
お送りさせていただきます。

もう今月末ですね…!楽しみにしています!

=========================================
■グループ展【Best Artists Exhibition 11】

■期間: 2016年10月26日(水)~ 10月31日(月)
※お休みなし

■時間: 11:00~19:00
※初日は12:00から、最終日は17:00まで。

■場所: ミレージャギャラリー(東京都銀座)
http://www.mireyagallery.com/
=========================================

2016年8月13日土曜日

三光堂様オリジナルスタンプの使用例(2)

印面デザインを制作させていただきました、
三光堂様のオリジナルスタンプのアレンジ例を、もう一つご紹介します♪




スタンプを押したのは、満寿屋さんの『FUTOKORO』。

満寿屋さんの『FUTOKORO』

なんと、原稿用紙枠は裏面に印刷されているんです。
透けて見えるなんて、遊び心がありますね~!
表は一応”無地”ですから、スタンプとの相性も良さそうです!

裏面に印刷されています!


※スタンプは、三光堂様のオンラインショップでご購入いただけます。


満寿屋『FUTOKORO』
http://www.asakusa-masuya.co.jp/products/futokoro.html

【万年筆の三光堂】
http://www.sankodo-web.co.jp/
名古屋市東区矢田5-1-17

2016年8月11日木曜日

三光堂様オリジナルスタンプの使用例(1)

印面デザインを制作させていただきました、
三光堂様のオリジナルスタンプの、アレンジ例をご紹介します♪


『ペン先』のスタンプは、紙からはみ出して押すのがお勧めです♪
ペンズヒストリー」の時の挿絵を元にして、制作ました。

『万年筆とインク瓶のボーダー』は、三光堂様オリジナル商品の、
メモ帳と一筆箋に使えるサイズです。
どちらも中は無地ですので、スタンプで自由に遊べます。

大きさは、メモ帳で大体8.5×8.5cmくらい。
名刺サイズの紙(長辺9.0cm)に押しても、ぴったりです。



こちらは、私制作のオリジナルポストカード。
真っ白な宛名面の真ん中に押せば、住所と本文との仕切りになります♪



郵便物の、差出人住所の飾りにも。
フォントは、あんずいろ様の『あんずもじ』をお借りしました。
デタラメな住所を直接書いては、封筒がもったいないので、画像は合成です(笑)。


便箋は、ミドリカンパニーのMDコットン

べた塗りの多い、『星空インク瓶』のスタンプは、
グラデーションインクを使いたくなります♪

無地の便箋も、スタンプでオリジナル便箋に早変わり!
別の絵柄を押すと、印象が随分と変わります。

便箋は、ミドリカンパニーのMDコットン

『小さいスタンプたち』は、万年筆名とインク名を書き込む目印に。
万年筆愛好家の方々へのお手紙には、いつも「何で書いたか」も記しています。
あったらいいなとずっと思っていたものが、実現しました!

一筆箋は、okinaの白孔雀


スタンプは、三光堂様のオンラインショップで、
ポストカードは三光堂様の店頭で、ご購入いただけます。


【万年筆の三光堂】
http://www.sankodo-web.co.jp/
名古屋市東区矢田5-1-17

2016年8月9日火曜日

【お仕事】 三光堂様 オリジナルスタンプのデザイン

お仕事の報告です。
三光堂様のオリジナル商品、万年筆スタンプの、
印面のイラストを制作させていただきました。




全15種類で、先月から、三光堂様の店頭で発売されています。
いずれはオンラインショップでも扱う予定と伺っています。
(⇒11/23追記 オンラインショップに掲載されました!)

万年筆がモチーフのスタンプって、あることはあるのですが、
15種類もの数が一度に並ぶのは、なかなか珍しいことだと思います!
ご来店の際には、是非ご覧いただけたら嬉しいです。



【万年筆の三光堂】
http://www.sankodo-web.co.jp/
名古屋市東区矢田5-1-17

※掲載の許可を得て、ご紹介させていただきました。

2016年7月20日水曜日

ペンネームを「黒川ひゅう」に変更しました!

この度、ペンネームに名字をつけまして、これまでの「ひゅう」から、
「黒川ひゅう(くろかわひゅう)」に変更いたしました。

「ひゅう」と名乗り始めた最初の頃は、
検索で自分のHPが一番に表示されていたのですが、
最近は同名を名乗る方やキャラクターも増え、
様々な検索結果に埋もれてしまっておりました。
去年頃から名字を付けようと考えており、今回ようやく決めました。

由来は2つあります。
大好きな宇宙、星、銀河あたりから取りたくて、
天の川を横切る大量の塵が、黒い川のように見えることから。
これらは星の材料になるものですので、
物創りをするペンネームにもぴったりだと思いました。

もう一つは、名古屋の地名より。
子供の頃、家族で遠出するときにだけ通った場所で、この地名を見ると、
"もうすぐ名古屋を出る!遠くに行くんだ…!"というワクワク感がありました。
自分にとって、楽しいイメージがセットの2文字なのです。

改めまして、「黒川ひゅう」として、創作をより一層頑張って参ります。
検索しましたら、今度こそヒット0件でしたから、
一発でHPが出るようになったらいいなと思います。

お世話になっています方々には、ご面倒をおかけいたしますが、
新しい名刺などは、またお会いした際にお渡しできましたらと思います。
連絡先には、一切変更はございません。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

黒川ひゅう

2016年6月6日月曜日

【委託販売】 ポストカードを補充しました

三光堂様での委託販売で品切れしていました、こちらのポストカードを、
先日補充してきました♪


やはり万年筆専門店さん、万年筆を描いた絵柄が人気です♪
ご購入いただきました皆様、どうもありがとうございます!

店内では今、16種類置かせていただいています。
(左下のみ、2種類が重なっています。)


他に、額装した原画も3点ございます。
併せてご覧いただけましたら嬉しいです!


【万年筆の三光堂】
http://www.sankodo-web.co.jp/
名古屋市東区矢田5-1-17

2016年4月13日水曜日

【委託販売】 ポストカード、新作4枚出来ました!

ポストカードの絵柄が、4種類増えました!
印刷所様にお願いしていたものが、出来上がりました♪

まずは、【3月の絵本の絵展】に出展した2作品。


次に、ちょっと前の作品ですが、手紙や封筒を背景にした、牛ちゃんの絵。
タイトルは、『お届けもの。』です。
ポストカードを外注するようになってからは、初めて刷りました。
立派な紙で、再登場です!


最後に写真右、万年筆で描いた、万年筆とインクのイラストです!
今回、ポストカード用に新たに作ってみましたが、いかがでしょうか…?

4種類とも、三光堂様に納品済みです♪

また、店頭の在庫も、しっかり補充して参りました。
沢山お買い上げいただきまして、本当にどうもありがとうございます…!

現在、16種類の絵柄を置かせていただいています。
店頭で、或いは通販で、どうぞお手に取っていただけましたら嬉しいです!


【万年筆の三光堂】
http://www.sankodo-web.co.jp/
名古屋市東区矢田5-1-17

2016年4月10日日曜日

【委託販売】 『手紙よ、届け!』を納品しました!

三光堂様に、作品を1点を納品してきました。

本日から、店内に展示していただいています。

額縁は、ガラリと雰囲気を変えて、落ち着いた木のものに新調しました。


上の写真では、なかなか伝わりづらいのですが、
とても上質で、細部まで丁寧に作られている額縁です。
Made in JAPANなのですよ!


私もとても気に入っている額縁で、複数持っています。
先日の展示でも、『おじいちゃんの書斎』や『世界』を入れたのが、
これのサイズ違いでした♪

とはいえ、お好みもあるかと思いますので、
2~3日お時間をいただけましたら、展示時のシルバーの額縁にも交換可能です。
ご希望の方は、ご購入時に三光堂様にお伝えください。

現在、店内ではこちらの3作品を展示中です。
是非、多くの方にご覧いただけると嬉しいです。

また、ポストカードの新柄も、準備しています。
今週中には、『手紙よ、届け!』を含めて、4種類追加する予定です。
お楽しみに!


【万年筆の三光堂】
http://www.sankodo-web.co.jp/
名古屋市東区矢田5-1-17

2016年4月9日土曜日

「Pen's History」が雑誌に掲載されました!

遅ればせながら、ご報告です。

三光堂様のオリジナル商品の、
万年筆管理リフィル「Pen's History」が、
3月1日発売の『趣味の文具箱 vol.37』(エイ出版社)で紹介されました!
小さくではありますが、115ページに掲載されています。

『ペンズヒストリー』と『趣味の文具箱 37』

企画とデザイン制作に関わらせていただいた商品が、
愛読している雑誌に載るなんて、感無量です!
万年筆&文具好きには、たまらない雑誌です。

店頭で見かけましたら、是非、ご覧になってみてください!

2016年3月21日月曜日

【作品紹介】 『手紙よ、届け!』



===
■タイトル: 『手紙よ、届け!』
■作品サイズ:  30.3×22.8cm (額の窓部分)
■画材: アクリルガッシュ、色鉛筆
■紙:  ストラスモア<インペリアル>水彩紙
=== 

【3月の絵本の絵展】に展示しました、もう一つの新作です。
アクリルガッシュと色鉛筆で描きましたが、
こちらも絵の内容は万年筆です!(笑)

ずっと前から、タイトルとキャラクターの動きは浮かんでいたのですが、
背景をどうしようか決めることができなくて、
なかなか着手できなかった作品でした。

展示に出そうと決めてから、構図をもう一度練り直し、
最初考えていたよりも、一回り大きい画面に配置して、
空と、色が決まっているキャラクターたちを先に塗ってみてようやく、
黄緑を使って明るい背景にしよう!と決めることができました。
ちょうど今の季節らしい色合いになったと思います♪

おうちと飛行機は、手紙の出発点と行き先をイメージしています。
万年筆で書かれた手紙をいただくことも増えまして、
ちょっとした言葉や、その人ならではの筆跡が、
温かく感じられるやりとりをさせていただいています。
手書きの手紙って素敵だな、という、そんな絵になっていたら嬉しいです♪

2016年3月20日日曜日

【作品紹介】 『おじいちゃんの書斎』



===
■タイトル: 『おじいちゃんの書斎』
■作品サイズ:  24.7×17.2cm (額の窓部分)
■画材: 万年筆、色鉛筆
■紙:  ヴィフアール水彩紙
=== 

【3月の絵本の絵展】で展示しました、新作です。

最近、万年筆のことばかりしか考えられなくて、
思い浮かぶのも、こんな絵になってしまいました(笑)。

今回、初めての試みで、線画の部分は全部万年筆で描きました。
机とか、じゅうたんとか、後ろの本棚とか、エプロンとか、
ちまちまこまごまと線を重ねる作業は、
やってみたら、かなり好きだと気がつきました。
自分に合っている描き方かも…!

インクは、パイロットのiroshizukuのシリーズや、
三光堂様の名古屋シリーズなどを使いました。
展示に来てくれた仲良しの友達が、
「じゅうたんは、桶狭間グリーン(三光堂様のオリジナルインク)ですか?」って、
一目見て当てたのは、さすがでした!
大のお気に入りのインクなんです♪

万年筆で塗りきれないところは、色鉛筆で色を重ねました。
水筆を使って、カラーインクみたいにして塗る方法もありますが、
自分としては、線はしっかり残して、色鉛筆のタッチと共存させた方が、
深みが出るように思います。

そうそう、左下のトレイにある、一番左の万年筆!
線画を描いた後、色を塗る段階で、
有名な万年筆で、黒とオレンジの組み合わせがあったなぁ…と、
なんとなく適当に塗ったのです。
それが、後からちゃんと見たら、
モンブランの作家シリーズ「ヘミングウェイ」に、クリップまでそっくりでした…(笑)。
写真で何度か見たことがあるだけで、色しか記憶になかったのに、
偶然なのか、無意識なのか…、
ちょうどマットで隠れる部分でよかったです(笑)。